予約はこちらから

03-6230-9581

メインイメージ

コンセプト

シンガポールフードの歴史

シンガポールの文化は、古くから多民族国家でありながら、様々な異文化の歴史を重んじつつ、交わりつつも確立した文化を保っていました。その中でも食文化は、他の地域では見られないような進化を遂げ、オリエンタルフードとしては他に似ているようで似ていない食文化となってゆきました。

どの様な食文化なのか?

シンガポールへ移民してきた人種は多岐にわたり、主に国民の約77%が中華系、約14%がマレー系、約8%がインド系、その他が約1%と複数の民族で構成されています。その為、ローカルフードとしてのシンガポール料理は定義が難しく、概ね中華料理に由来するものが多いですが、特徴も様々です。

シンガポールでは、あまり自炊をする文化がなく食事の大半を外食で済ませます。もともと「自炊」という時間の掛かる行為は、非効率的と考えられていた時代があり、家庭で家事に専念する環境もあまり整っていませんでした。そのため、外食文化が急速に発展を遂げ、現在では、どこのショッピングセンターや商業施設にもフードコートがあり、レストランよりだいぶ安く食事を楽しむことができます。

オリエンタルカフェレストランとは

オリエンタルカフェレストランでは、シンガポールフードのおいしさを日本の皆様に伝えたく開業しましたが、敷居が高くなく、色々なお客様が気軽に、まるでカフェに行くような気分で足を運んでいただけるようなお店作りをしたいと考えております。

 

ページトップボタン